失敗しないエアコン取り付け工事は業者選びが大切

エアコン工事で失敗しないために皆さんはどこに依頼しますか?

電気屋さんと答えた方は正解でもあり、不正解でもあります。
一言に電気屋さんと言っても
・電気設備工事業
・地域の小型家電販売店
・大型家電量販店(正しくは下請けの専門業者)
これだけ多くの電気屋さんがあり、この中で最も信頼できるのは 地域の小型家電販売店だと思います。

 

そして、ほとんどの方は知らないと思いますが実はこの外にエアコンの工事を得意とする職業があります。
エアコンの工事は電気屋さんの仕事と思われがちですが、建築業界では電気屋さんではなく専門職の空調設備業(空調屋)が主に請負います。
空調設備業者とは家庭用の小さなエアコンやビル、設備用などの大きなエアコン、サブコンなどの大手になれば地域冷房に使う特殊な冷凍機や大型の換気設備なども扱える空調・換気の何でも屋さんです。

 

逆に私が一番信用できないと思っているのはweb等でも多くの失敗談が聞かれる家電量販店の工事屋さんです。
それは彼らが業務用やハウジングエアコンの経験が全く無く、空調工事の中で最も簡単とされるルームエアコンの工事経験しか無い方が多いからです。
たまに現場で鉢合わせになると大丈夫だろうかと心配になる事も多々あり、以前弊社でアンテナ工事を請け負ったときにこんな事がありました。

 

そのお宅は新築で引越しの最中でした。自分達の工事が終わったので帰ろうとしたところ某量販店の工事屋さんが外壁とフェンスの狭いところに室外機を置いて室外機の吹き出し口が6割隠れてしまっています。
余計な事だと思いながら工事の方に 『室外機が低すぎて高圧おこすからお客様に報告したほうがいいよ』 と教えるとその方は本当に知らなかったらしく驚いた様子で 『良くないのですか? エアコンに詳しそうなのでよければどの様にしたら良いか教えて頂けませんか?』 と聞いてきました。(普通、空調で飯食ってるなら知っているハズなんです。。。)
その時丁度お客様が来られたので関係の無い私がお客様と工事屋さんに【なぜ、室外機の吹き出し口が塞がれると良くないのか】を説明し、解決方法まで教えて二人にとても感謝されてしまいました。
今回の家電工事屋さんは真剣に私の話を聞いて学ぼうとする姿勢がありましたがもっと経験を積んでから独立して欲しいものです。

 

もっとひどい事例もあります下手くそな配管。
ご自宅の室外機を観察してみてください。左の写真は分かり易いように再現したものですが室外機の後ろで配管がグルグル巻きになっていませんか?
これは以前量販店の工事屋で多かった施工方法で、行ってはいけない工事の見本です。
室外機には圧縮機と呼ばれるエアコンの心臓部のような部品があり、その中には潤滑オイルが入っています。
オイルは冷媒と一緒に圧縮機から出て行きこのグルグルにされた配管に溜まってしまいやがてオイルの不足した圧縮機は潤滑不良になって壊れてしまいます。

 

では、なぜ長い配管を切らずに丸めてあるのでしょう?
これは通常4m程度の 『配管セット』 と言うもので、誰でも(専用工具が無い人でも)配管ができるように作られた資材を使っているからです。
見た目も悪く壊れる原因にもなるのでそれが分かっている空調屋ならば長ければ切ってちょうどいい長さにしますし、短ければ溶接や継手を使用して冷媒配管を伸ばします。

 

配管セット

 

一般的な冷媒配管梱包

 

冷媒配管を切って機器と接続するにはフレア加工と言う処理をしますが、量販店の下請け業者は利益確保のためその道具を持っていないかったり、時間短縮のために配管セットを使用するようです。

 

そしてご自宅がマンションでしたら室内配管も見てください。室内機から外部に出るまでの配管の曲がりはきちんと90度に曲げてありますか?
キチンと曲げると標準工事の4mでは足らなくなるので大きく曲げて施工したり、室内機から壁の穴まで一直線にしたりなど、見た目は全く配慮していない工事も良く見かけます。

 

そして、皆さんがとても関心のある真空引き。
これも家電量販店で工事をされた方が真空引きをしてくれなかった事を心配され弊社へ問合せる事例が多くなっています。
業務用やビル用の空調工事を行っている会社では必ず真空ポンプでエアパージを行います。これは業界として当然の行為なのですが量販系の一部工事業者は現在でも機器内のガスを用いたエアパージをしているようです。

 

フロンガスを大気に放出すると大気汚染にもなるので、もし空調設備業者が量販系と同じようにガスでエアパージしたら直ちに元請け会社からクレームが来て出入り禁止になってしまいます。 真空引きとは空調業者にとって信用に関わるとても重大な事なのです。

 

以前、ある量販店から電話を頂いた事があります。
電話口の方が言うには下請けの業者に工事をさせたがその業者のミスでガスを全部放出してしまったのでガスを入れて欲しいとの事。
冷媒ガスが抜けてしまった場合はエアコン内を真空にしてからガスを充填するのですが、その量販店の下請け業者は皆、真空ポンプを持っていないのでタウンページで弊社を見つけて、電話したそうです。
エアコンに携わる者なら真空ポンプは持っていて当たり前の基本ツールだと思っていたので正直驚きました。

 

そして、以前量販店工事をしていた人にこんな話を聞いた事があります。
安さを売りにしている有名量販店○○デンキのエアコン担当者は工事の知識が全く無く、ガスがちょっと抜けても大丈夫だから真空引はするな。と言われたそうです。
さらに、エアコンは設置直後に動けばOKで半年後に工事不良が見つかってもお客様からメーカーへ依頼が行くから大丈夫。と・・・
こんな販売店とは付き合えません。
当店も以前、同じ量販店から取付工事の委託契約が1台8,400円(材料費は自社持ち)で話がありましたが、安工事をしてクレームを出したくない事と同業者からこの量販店の悪い話を聞いていたのでお断りしました。

 

最近は量販店の下請け業者が電気工事士免許がないのに工事を行い、火事を起こすなどのトラブルが頻発し新聞にも取り上げられて問題になっていますが量販店の下請けさんも大変です。
現場で量販店の下請けさんと一緒なった時に話をさせて頂くと皆必ず口を揃えて『辞めたい、割に合わない』と言います。
そりゃそうです。
1台1万円で働いても材料費を引いたら数千円しか残らないうえに夏は朝から夜遅くまで働かされ資本の体がボロボロになってしまいます。
安い賃金では設備投資もままならないので隠ぺい配管が出来ない、コンクリートの穴あけはお断りなどの制約が出るのも当然ですしベテランがいないのも納得です。

 

私からのお願いとして量販店にエアコンの工事を依頼するのは中間期にしてあげて下さい。
春や秋の季節は中間期と呼びエアコンを買う人は夏に比べて激減しますので工事もゆっくりできるので工事不良も減ると思います。

 

そして最後に私の個人的な意見ですが、エアコン工事で失敗の少ない業者の選び方は

 

空調設備業 、地域の家電販売店、電気設備工事業、家電量販店の順番だと思います。
結局は人と人の信頼関係が強いほど、また信用を大切する会社ほどおかしな工事はしないものです。

 

弊社も信用が大切なので量販店のような
単価が安い件数を増やす1件の工事時間を減らす雑な工事(楽な方法)になる事はしません。
その代わり家電工事屋には出来ない仕事、埋め込み形の空調工事やフロンガスの回収・破壊、配管洗浄、さらには壁紙の張替えの手配までもでき、設備投資に多額の費用がかかるので量販店やホームセンタのエアコン取り付け価格よりどうしても高くなってしまいます。

 

弊社にWebやお電話でご依頼をされるお客様の多くは量販店で苦い思いをした方ばかりです。
今まで普通に仕事をしてきた事が家電量販店で苦い思いをされた方からはとても丁寧に見えるらしく配管カバーの取り付けにボードアンカーを使用しただけで喜ばれた事もあります。
そして、量販店で購入したエアコンなのに配管サイズが違うから取り付けできないと帰られてしまったお客様には 『お客様が購入したエアコンは配管サイズが違っても取り付けできる製品ですよ』 と教え、取り付けさせて頂いた事もありました。

 

私たちは量販店の尻拭いをするために仕事してるのではあません。

 

全ての家電工事屋さんの技術力が低いとは間違っても言いませんが知識と経験の乏しい方が多くメーカーの連絡先さえ知らない方もいます。

 

エアコン工事で業者選びにお迷っていましたら空調設備業者、またはご近所の家電販売店でご購入をオススメします。
アフターケアも良心的に行ってくれると思います。

 

スカパー見るなら弊社のアンテナ工事

 

エアコン工事といえば、安心の真空引きのエアコン取り付け工事

 

BSアンテナを使えば無修正アダルト動画も利用でき、大変お得です。